Top »

死亡保険

   
生命保険の基本である、死亡保険の内容と種類について

死亡保険の目的は、一家の稼ぎ頭が死亡する事による経済的ピンチに備えるものです。保険で得られるお金で、葬儀代や残された家族の生活費、住居費、教育費などを支払います。

あなたにとって、一家の稼ぎ頭が死亡する事による経済的ピンチは、どれくらいの金額になるでしょうか?必要以上の金額を保障しても、いたずらに掛け金が増えるだけで、全くのムダになります。

死亡保険は基本的には掛け捨て(払ったら戻ってこない)ですので、浮いたお金を貯金したり、投資に回したほうが有益な場合が多いです。

保険金は安いものではありません。必要な保障金額を良く考えて、商品を選ぶようにしましょう。

死亡保険には色々な種類がありますが、最も基本的でお奨めなのが、「定期保険」です。俗にいう「掛け捨て」と呼ばれるタイプです。

他にも貯蓄性のあるものや、終身保険もあり、これらは幾らかは必ずもらえる保険です。保険を貯蓄の一つとして考える方法もありますが、機動性が悪く、インフレなどに適応できないため、あまりメリットはありません。

保険は保険、貯蓄は貯蓄と分けて考えたほうが分かりやすく、運用しやすいと思います。

必要保障額の見積もり  
実際の計算例  
定期保険  
終身保険  
定期つき終身保険  
養老保険  
変額保険  
スポンサーリンク
サイト内検索
サイトマップ
コミュニティ