Top »

生命保険の目的

   
生命保険について考える前に、最初に知って欲しい基本的な知識について

生命保険とは、将来自分の身に身体的なダメージを受け、経済的な障害が発生したときに備えておくものです。よって、経済的に余裕のある方は入る必要は全くありません。

生命保険は非常に高額です。普通の人の人生の中で、持ち家の次に高額な商品と言われています。しかし、その内容は複雑で、良く内容を確認しないまま、保険のおばちゃんに進められて、契約してしまった方が多いのではないでしょうか?

「生命保険は家族への愛の証」「ガンにかかると高額な医療費がかかる」そして「社会人になったら、保険は入るもの」などなど、保険の勧誘の時の決まり文句ですが、決して鵜呑みにしてはいけません。

生命保険と似たものに自動車保険があります。これは自動車で事故を起こした際、相手への賠償金を払うためのものです。最近お賠償金は1億円以上の高額化が進んでいるため、普通の人がそれを支払うの事はまず不可能です。よって、自動車保険は保障を最高にしておくのが普通です。

しかし生命保険の場合は違います。実は我々は自動的に幾つかの保険に加入しているのです。これらの実力は相当なものですので、あえて新たに高額な生命保険に入る必要はありません。よって生命保険に入る場合は、足りないと思う部分だけ加入すべきものなのです。

次の項では、自動加入保険について具体的に説明します。

スポンサーリンク
サイト内検索
サイトマップ
コミュニティ