日本サッカーのビジョン

   

中田英寿が現役引退し、一時代が終わった感じがします。

これから日本はどんなサッカーを目指していけばよいのか、シロウト考えを述べさせて頂きます。

スポンサーリンク

日本代表チームのカラーは、その時就任した監督の考え方に、その都度大きく依存します。

一方、世界の強国を見ると、監督が変わったところで、プレースタイルはそんなには変わらなく見えるのです。

それは、「国民性としてのサッカースタイル」が築き上げられていて、それが脈々と受け継がれているからだと思います。

今の日本のサッカーには、その部分がまだ成熟されていない気がします。


では、今後の日本はどんなサッカーを目指していけばよいのか?

結局のところ、

「我々日本国民が、どんなプレーを賞賛するか」

だと思います。


そのヒントは、他のスポーツの中にあるのではないかと私は思っています。

・小さな大横綱「千代の富士」、柔ちゃんこと「谷亮子」の、柔よく剛を制すプレー

・近代バレーの礎となった、各クイック攻撃

・伊達公子選手のライジングショット

・スキージャンプ舟木選手の、美しい飛形

・V9時代の巨人軍が創り上げた、日本野球のスタンダード

・マリナーズ・イチローの走・攻・守 三拍子揃ったスピード野球

などなど。


日本のサッカーのビジョンの構築には、まず我々国民一人一人が、サッカーを深く理解することが必要です。

サッカー協会とかサッカー選手、メディアの意見だけでなく、日本人が日常的に話すサッカーに関する会話・議論・ウワサ話などが融合します。

そしてできた、日本人の集合知みたいなものが、「日本サッカーのビジョン」を創り上げていくのではないでしょうか?

それこそが、「国民性としてのサッカースタイル」だと思います。


ぜひ中田英寿には、その舵取りをしてもらいたいのです。

期待しています。

スポンサーリンク

最終更新日:2007.9.19 | トラックバック(0) | ニュース

» ニュース

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!