ジーコジャパンの敗因は?

   

人事の話なのに、次監督の名前を漏らしてしまったり。

日本のW杯敗戦の後も、話題に欠かない日本サッカー界。

スポンサーリンク

私のビジネス的な見地から見た、ジーコジャパンの敗因の分析です。

シロウトが、推測を元に考えたことです。つまらない内容です。
今後の日本サッカーの進展の一億分の1にでもなればと思います。

最大の敗因は、、、

「ジーコの考える、最先端のサッカーマネジメントに、日本の選手がついていけなかった」

です。


ジーコの目指すチームとは、私の集めた情報から考えると、

「選手個々が自主性を発揮し、チームとして有機的に結合し、創造性豊かなゲームを展開する」

こんな感じでしょうか?

素晴らしいビジョンだと思います。


しかし、日本のメディアや、元Jリーガーの解説者まで

「規律、ルールを決めた方が良い」「チームに約束事がなく、一貫性がなかった」のようなことを言っています。


良く考えてみてください。

ジーコの目指したチームというのは、まさに

「最先端の組織論」

ではないでしょうか?


「社員一人一人が自主性を発揮する」「社員一人一人の創造性を発揮する」

どの会社でも目指していることです。


しかし、敗戦後のメディアがこぞって問題提起した、「規律」や「約束事」というのは、一昔前の「ベルトコンベアー式生産方法」とか、「マニュアル営業トーク」と同じニュアンスを感じます。

ちょっと前の

「アメリカ風のマネジメントを日本に導入するのは良くない」

と言われていた時期が、、今の日本のサッカー界の状態なのだと思います。


要するに、世界最先端のサッカーマネジメントを身につけるには、われわれ日本はまだオコチャマすぎるのです。


「我々はベルトコンベアで大量生産、オー!」

「ルールと規律を守って大量生産、オー!!」


「日本はサッカーにおいては後進国」であることを認識すべきだと思います。


ちなみに日本の工場の主流は、「セル方式」です。

バイトの娘だって、自分でカメラを全部組み立てて、さらに、

「この部品はもっとこうした方が、組み立て時間は○○秒短縮できる」

といった、「カイゼン」を提案しています。

日本の工場で働く従業員は、みんな創造力を発揮しているのです。


南米やヨーロッパの良いところを研究するだけではなく、日本独自の風土、文化、考え方を、サッカーのプレイスタイルに反映させても良いと思います。

スポンサーリンク

最終更新日:2007.9.19 | トラックバック(0) | ニュース

» ニュース

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!