仕事の種類と、仕事の質

   

仕事とは

「人が面倒と思っていることを代わりにやってあげる」ことです。私は、その

「何をやってあげるか?」

の種類や質に、こだわりたいと考えています。

スポンサーリンク

※これからは、誤解を承知で述べていきます。
下記の私見は、あくまで私の好き好きの問題であり、色々な仕事を軽蔑したり、仕事をしている人の、人格を否定しているわけでは有りません。(カレーが嫌いだとしても、私はカレーの歴史には敬意を表しているし、カレー店を開いている人が嫌いというわけではないです)

例えば、

タクシーやバス、鉄道の運転は、「自分が運転して、他の人を運んであげる」仕事です。

私は、タクシーの運転ではなく、

「もっと快適かつエコなタクシー専用車を発明する」

といった、技術を活かした仕事がしたいのです。
みんなの代わりに車を発明したいのです。

「バスの運転も専門技術が必要だ」と批判がでそうです。しかし、運転は技術では有りません。

運転は、

「技能」

です。

私は「技能」を駆使した仕事より「技術」を駆使した仕事がしたいのです。

「技術」と「技能」は似ているようで、かなり違います。

技術とは「科学の研究成果を生かして人間生活に役立たせる方法」という意味ですが、技能とは、「人間の能力、腕前」といった意味です。

どっちが偉いとか、素晴らしいとかという議論はここではしません。

私は「技術」を使った仕事がしたい。

その理由の一つに、「技術」を使った仕事は、特許に登録できるからです。
特許化できれば、20年間は独占使用権が認められます。

「技能」は、特許にはできません。
特許の定義は「自然法則を応用した、技術的高度なもの」です。

「技能」は、人間の行動そのものであるため、特許にならないのです。

※技能を極めた方が、実は給料が高いのです。労働者の最高給与は、パイロットと鳶(とび)だそうです。


私はサイト運営においても、圧倒的な技術力をバックにしたサイト運営をしてみたいのです。

来る人がみんな「すげ!」と思うような。

文章を中心としたコンテンツは、いわゆる「パクリ」をされる可能性があります。
プログラムなどの「技術」は、そう真似できるものではありません。

あと特許をとれば、独占権は法律で守られます。特許を売買するビジネスに参加できる可能性もあります。

ということで、、、最近の私はプログラムにハマっているわけです。(プログラムは特許になります)


サイトをリニューアルしてから、その勢いのままに、私の目指しているところをとくとくと説明してきました。これで終わりにします。

私の技術力はまだまだです。
これから精進していかねば。

スポンサーリンク

最終更新日:2007.9.19 | トラックバック(0) | サイト運営(旧)

» サイト運営(旧)

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!