外貨FX(外国為替証拠金取引)できる証券会社

   
外国為替証拠金取引(外貨FX)が、人気です。

外貨FXとは、外国債券を購入して、利息や売買差益を得る取引です。証拠金を差し入れることで、証拠金の10倍以上の取引(レバレッジ=てこ)を行こなえます。

要するに「借金」して取引しています。現金を満額差し入れなくても、大きな金額の取引ができます。証拠金以上の損失が出た場合は自動的に反対売買してくれるので、リスクヘッジに優れた商品ともいえます。

証券会社の選び方は、やはり基本は「手数料の安さ」です。外貨FXの手数料は、

トータル手数料=取引手数料+スプレッド

です。外貨取引では売り値と買い値が一致しません。その差をスプレッドと言います。良くニュース等で「現在、99.95〜100.00円で取引されています」というのは、買値は100円で、売値は99.95円で、その差(スプレッド)は5銭です。

証券会社は取引手数料を積極的にアピールします。しかし、スプレッドはアピールしません。
取引手数料は安くても、スプレッドが大きくて、トータルでは割高になる場合がありますので、十分注意してください。
ネット証券会社比較 / 株式売買手数料比較 / 日経225先物、オプション取引可能な証券会社 / 日経225先物mini(ミニ)取引可能な証券会社 / 外国為替証拠金取引(外貨FX)できる証券会社 / くりっく365取引可能な証券会社 /

外為FX手数料まとめ(※単位の無い数字の単位は[円])

最も安い  二番目に安い  三番目に安い

証券会社名1万通貨5万通貨10万通貨最低保証金レバレッジスプレッドトータルコスト
更新日 2015年06月15日
※1万通貨とは、ドルであれば一万ドル(約100万円)取引する事
※()内は日計り
※最低証拠金、レバレッジは、米ドル一万通貨取引 1ドル=100円の時の計算値
※ひまわり証券デイトレ口座はデイトレード専用で手数料無料だが、スワップ(利息)は無し
※ひまわり証券のスプレッドは相場に応じて5〜10銭変動(表の値は最高値を表示)
※オリックス証券の手数料は、1万通貨コース スプレッド1.5銭は平均値です。実際は1〜3銭に変化します。
※トータルコストは、米ドル一万通貨取引 1ドル=100円時の往復のトータル手数料
スポンサーリンク

最終更新日:2013.2.22 | トラックバック(0) | 証券会社比較

» 証券会社比較

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!