ハローワーク
転職術
会社を辞めたい人達へ
会社を辞める前に、もう少し良く考えて見ましょう。今の境遇でも考え方を変える事により、もっと良い仕事が出来るようになる事があります。


Top>転職準備ガイド>自己分析>キャリア分析

キャリア分析

あなたのこれまでのキャリアを見つめなおしてみましょう。

転職する際に、最も重視されるのは今までの仕事でどんな業務をどのようにこなしてきたかです。業務のスケールの大きさや領域は関係ありません。

様々なことをやってきているとは思いますが、まずは各々書き出してみましょう。まずは印象深いものから、次のようなフォーマットで書き出すとわかりやすいでしょう。

1.業務の目的=タイトルをつけてみましょう
 何を達成したかったか
 何のために業務を行ったのか

2.業務の結果
 その業務の結果はどうなったか(どのように反映されたか)
 アドバンテージはどれくらいだったか(いくら利益が出たのか、どんな効果があったのか)

3.業務の進め方
 どのような組織編制、チームでその業務を進めたか
 自分の役割は何だったか
 業務遂行に使ったツールは何だったか
 業務遂行について、どんな提案をしたか(★)
 トラブルはどこで発生し、どのように解決したか(★)

★の2点は、特にアピールポイントになります。あなたの仕事の能力・オリジナリティーを具体的に伝えることができます。企業の人事が最も知りたいところでもあります。

また、あなたの役割も重要なポイントです。リーダー経験は必ず書きましょう。リーダーシップが取れる人、マネジメント能力がある人は、どこの企業でも渇望されています。

注意すべきは、自分ひとりだけの業績をアピールし過ぎないことです。他のメンバーと如何に連携を取ってやってきたかも上手にアピールしましょう。そこで協調性が問われます。

自分はルーチンワークをやってきたからこんな風には書けない、大したことをやっていないという人もいるでしょう。


しかし、よく考えてみてください。どんな仕事にも目的は必ずあり、トラブルはつきものです。

例えば、新聞配達の仕事。この仕事の目的は、時間どおりに新聞を届けることです。しかし時には印刷が遅れたり、悪天候があったりと、厳しいスケジュールで配達しなくてはならないときもあります。

トラブルシューティングは、順路の変更、あるいは人数の増員など、幾通りもの策が現場においてとられているはずです。

しかし、新聞配達員でない人たちは、毎朝あたりまえのように新聞を手に取ります。

でも、あたりまえのことを生み出すことが毎日の業務なのです。その背後にある、あなたの意識や態度や行動が、転職希望先が知りたいことなのです。



コンテンツ

Topページ
■転職を考える
転職の現状
辞めたい理由
自己分析 
 ├キャリア分析
 ├スキル分析
 ├ビジョンのデザイン

■転職準備ガイド
前向きな転職を
職務経歴書の書き方

■転職先を探す
希望の会社に連絡する
├転職あっせんサービス
 ├総合業種
 ├IT、技術、薬剤系
 ├事務、経理
 ├アルバイト

資格取得

管理人プロフィール




=資格取得で= 転職できるかなYour own Carrer(きゃりあを考える)金持ちサラリーマンへの道

自動車購入・維持費節約ガイド学生クレジットカードネットで懸賞!果報は寝て待て生命保険見直し、節約知識年会費無料クレジットカードETCの始め方温泉ジャポン!価格比較ネットおらが!タウンページ激安・格安国内旅行比較 トラベルジャポン
blog & present


当サイトで紹介している情報への登録は、内容を自分自身でご確認のうえ、実施して頂くようお願い致します。
当サイトの情報を利用し、被害や損害があっても当サイトは一切の責任を負いません。

ハローワーク転職術

©2004-2005 kankichi(kanesara@infoseek.jp ) 
All Rights Reserved.

アデコ  ユーキャン  がくぶん  ヒューマンアカデミー  アビバパソコン資格