仕事を人に任せる

   

会社では、中間管理職の方々が一番忙しい。彼らには、常に大量の仕事が降りかかっています。

上司からは無理難題を突きつけられ、バイトや部下からは「今日の何をすれば良いのですか?」「この作業、意味があるのですか?」などと文句を言われ、中間管理職はいつもパンク状態です。

スポンサーリンク

中間管理職は、

・上に反抗すると出世できない
・部下に嫌われると仕事にならない

という、名前の通り「中間」のポジションで、上下間のクッション役となっているのです。

中間管理職がすべての選択・判断にかかわっていたのでは、時間がいくらあっても足りません。

バイト・部下には、各々のレベルで裁量を持たせて仕事を委譲することで、、負荷分担していくべきです。

●仕事の計画からお願いする
部下に仕事をお願いするときは、作業をお願いするのではなくて、その上位にある目的と、それを遂行するための計画の立案も含めて、お願いしてしまいましょう。

仕事の中には色々な雑務が多く含まれています。業者に電話や、資料作成やコピーなど。

一段上位の目的レベルで仕事をお願いすれば、これらの雑務も一緒に引き渡せます。もちろん部下が行き詰ったときのフォローは確実に実施しなければなりません。

●中間管理職とは?
ちょっと難しいかな?と思える仕事、責任のある仕事をお願いすることで、部下のやる気を促すことができます。

どうでも良い仕事を与えられたら、誰でも適当に仕事しようとするはずです。

責任のある仕事を任せられたら、人は予想以上に動くものです。

もちろん、部下が何を考えているのか、どう行動しているのかは、常に注意深く観察しておきましょう。

余った時間を利用して、部下の仕事が上手くいかなかったときのための、バックアップ策を考えておきましょう。

問題が発生しそうであれば、バックアップ策による早めの手当てができます。部下は思い切って仕事をすることができます。

バックアップ策の検討の中から、将来の課題が生まれることが多いです。

中間管理職は、実務は部下に任せて、その進行状況を確認しながら、次の一手を考えておくポジション...、これが、本当の中間管理職の姿です。

スポンサーリンク

最終更新日:2010.5.31 | トラックバック(0) | 時間短縮テクニック

» 時間短縮テクニック

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!