プレゼンテーションの極意

   

プレゼンテーションとは、決められた時間内で、自分の考えを聞き手に伝えます。

サラリーマンの勝負は、プレゼンで決まるといっても過言ではありません。

上手くいけば、仕事をスムーズに進められます。周辺の部署や偉い方にも効果的にアピールでき、直接出世にも影響します。

スポンサーリンク

●「誰が聞いてもわかりやすい」プレゼンテーションの方法

基本的には次の事項を守ればOKです。

 1.「結論」を冒頭に持ってくる
 2.一ページ、一テーマ
 3.図表を使う
 4.文字はゴシック、20Pt以上
 5.特殊効果は使用しない
 6.練習する

1.「結論」を冒頭に持ってくる
「人が読んでくれる報告書の書き方」でも述べました。

冒頭で「結論」つまり、プレゼンテーションで「何を主張したいのか」を明確にします。その後に「結論」を説明するデーターなどを紹介します。

プレゼン内容の範囲を明確にすることも有効です。聞き手が思考を集中できます。

結論は、魅力的なものでなくてはなりません。魅力がないのであれば、無理にプレゼンする必要性はありません。

2.一シート、一テーマ
1シートで多くの内容を説明しようとするプレゼンを良く見かけます。

1シートで説明するテーマをひとつに絞ってください。聞き手の理解スピードが追いつきません。

3.図表を使う
文章だけのスライドも良く見かけます。はっきり言って、誰も読みません。

なるべく図や表を使って表現しましょう。最低でも文章を箇条書きにすべきです。

4.文字はゴシック、20Pt以上
見やすい文字を使いましょう。読みにくい文字は聞き手にストレスを与えます。

フォントはゴシック、大きさは20Pt以上が、「見やすい」文字です。明朝体は線が細く読みにくいため、プレゼン向きではありません。

5.特殊効果は使用しない
多くのプレゼンに利用されているパワーポイントは、図表や文字を動かすといった「特殊効果」を加えることができるため、ついつい色々な動きを入れてしまいがちです。
 
あまり使いすぎると、重要なポイントが不鮮明になってしまいます。
 
特殊効果は、最も重要なポイントの説明のみに限定して使ったほうが効果的です。

6.練習する
一番重要です。プレゼンの前には、必ず練習をしましょう。

声に出して練習しましょう。スムーズにしゃべらないと、聞き手もスムーズに理解できません。
 
プレゼンは持ち時間が決まっています。時間オーバーは厳禁です。集まっていただいた人の時間を盗むことになります。

練習して、時間通りに終わらせるように、シートの枚数と説明する内容を調整しましょう。

必ず声を出して練習しましょう。

説明の論旨の流れがスムーズでないところを発見できます。

スポンサーリンク

最終更新日:2010.5.16 | トラックバック(1) | 論理的思考のすすめ

» 論理的思考のすすめ

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

トラックバック一覧
  

昇格試験

  

from お金持ちへの道 “成功(幸)・夢” 全力チーターのサクセス日記 at 09/01/30

  

昇格試験の季節が巡って来ました。 この不景気の最中ではありますが、昨年度から上司の推薦を受けた優秀な人たちが、2月上旬の昇格試験本番目指して、いよいよ追...

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!