人生80年安定論の勘違い

   

私もずっと勘違いしていました。
独立起業はものすごく怖いことだと思っていました。

スポンサーリンク

たまたま時流に乗っかって、一定期間は稼げたとしても、自分の定年までその商売が成り立つのだろうか?


でも良く考えると、そんな心配をする必要は無いことが分かりました。

別に商売が何十年も続く必要はありません。
とにかく、最低1億円のキャッシュがあれば良いのです。

「1億円じゃ少ないよ。最近のサラリーマンの生涯賃金は2?3億円だよ」
という方もいるかもしれません。ここが勘違いのポイントです。


生涯賃金2?3億円といっても、毎月分割してもらっています。
生活費を抜いたら、残りはわずかです。

それに対し、現段階でキャッシュで1億円あれば、それを年利5%で運用すれば、年収500万円です。
しかも税金は10?20%と安いです。

普通のサラリーマンと変わりないと思いませんか?

これは、いわゆる「持つものと持たざるもの」の差です。

せこせこ日銭を稼いで、年功序列で給料が上がるのを待つ作戦は、これからは通用しません。
若い頃にチャレンジし、一発当てる作戦の方が、正しいような気がします。

スポンサーリンク

最終更新日:2007.9.22 | トラックバック(0) | コラム

» コラム

トラックバック

※当サイトへのトラックバックは、当サイト内ページへのリンクがないと、受け付けない仕様になっています

旧コメント(現在はFacebookコメントをご利用ください)
Posted by 原田 学 at 09/01/28

全力チーターです。

現金(キャッシュ)で1億、6%で運用。

すばらしいですね。
6%でいいのですね。

確かに、サラリーマンは税金やらなんやらすごく取られていると感じます。

サイトマップ
プロフィール

ウェブマーケター・ブロガー。静岡県在住。妻と息子2人の4人家族。

ヨメレバ・カエレバなどのブログ支援ツール、ウェブサービスを運営してます。

プロフィール詳細

講師・メディア履歴

管理人ブログ

問い合わせ

豆知識
★手数料無料&業界再安水準スプレッドのFX取引
★手数料最安値水準が魅力のライブスター証券が、株式&FX&日経先物手数料無料キャンペーン中!